連圏状粃糠疹(遠山)

definition

黄色人種に比較的よく認められる疾患で、炎症所見のない、環状の、境界が鮮明な、乾燥した魚鱗癬状の局面によって特徴づけられる。病巣は通常、臀部、腹部、大腿および腕に好発する。単発および多発病巣が出現する。多くの場合、25~45歳で発現し、生涯にわたり変化することなく持続する。

synonyms

連圏状粃糠疹(遠山)

images