組織球症

定義

組織球腫は、線維細胞の良性、反応性増殖である。最大5 mmの大きさの、ぴんと張った(straffe)、無痛の、単発性または多発性の、皮膚の結節である。多くの場合、四肢に生じる。その色は、含有するヘモジデリンの量に応じて、赤褐色から褐黒色と様々である。

同義語

組織球症, 皮膚結節

イメージ

2 Bilder für diese Diagnose
診断: 組織球症 診断: 組織球症