リベド血管炎

定義

特に夏季に発現する、潰瘍化を伴う網状皮斑である。その際、赤青色、網状の皮膚の変色は、明らかな、白色、星型の瘢痕を伴う。この瘢痕はblanche萎縮(白色萎縮症)とも呼ばれる。下腿、内踝および足に最も多発する。組織学的に、ヒアリン化血管炎がみられる。

同義語

リベド血管炎, 夏季潰瘍化を伴う網状皮斑